大井川鐵道の魅力

快適な約1時間10分の旅が楽しめる。
ボンキュートは効かない?気になる効果や口コミを調べてみた

千頭駅から井川線の列車に乗り換えて、さらに大井川の上流へ。
千頭駅と終点の井川駅の標高差は388mもあるという急勾配で、列車の歯車(ラックギア)をレールの歯形(ラックレール)にかみ合わせて登るアプト式機関車も途中登場。
まさに深山幽谷に分け入る、森林鉄道だ。
井川線は全長25・5kmで、所要約1時間50分。
大井川線、井川線には合わせて32の駅がある。

金谷駅ホームに停車しているSLは旧型客車を従えて、静かに出発の時を待っている。
あたりに漂う石炭の煙の匂いが、はるか昔に味わった郷愁を呼び起こし、乗客の顔は期待感に溢れている。

定刻、汽笛とともにスタートしたSLは煙突から吐き出す煙を後方にたなびかせ、大井川の流れに沿って一路北へ。
ゴトンゴトンと客車の床を通して伝わる車輪の響きも、足に心地よい。
眼下には広大な大井川の河原。
大小さまざまな岩をはむ清らかな流れは、大きく弧を描いている。
ピュアエサラは効かない?口コミは嘘なの?その真相は…