解雇予告や予告を受けない代わりの賃金支払いの例外規定もある

目の下のふくらみを解消 老け顔 疲れ顔をなんとかしようとしているアルバイトでは、週に数日などという変則的な勤務も多いが、その場合は「30日前」というのは、働いていない日も通算して出勤したとして計算される。
ということは当然、予告を受けてから解雇されるまでの期間は、勤務を続けなくてはいけないということで、自分個人の都合で勤務を休んだ期間があると、その分の賃金は支払わなくてよい、とされている。

ただ、これを読んで、「じゃ、バイトを渡り歩けば得じゃん」なーんて思ってはいけない。この解雇予告やその分の手当が支払われない場合の条件もいくつかある。
例えば、1日単位や2カ月以内の短期契約、季節労働など4カ月以内の契約、また試用期間中(採用後14日を超えたものを除く)、そしてぷるるん女神 効果 副作用についての仕事などの解雇の場合が、それにあたる。