労災が認められる基準と認められない基準

会社は「労災隠し」をしたがるものだけど、負けないで。
が、ここで問題になるのはよく新聞・テレビを賑わしている、どこまでが労災で、どこからが労災でないのかの判断だ。

例えば労災が認められる業務上災害となる基準は、
1業務上に起きた災害による怪我
2会社の指示で働いている時の怪我
3業務のために必要な準備や後片付け中の怪我
4トイレなどの理由で仕事を中断している時の怪我
5出張や外回り中の怪我
となる。

また、業務上災害にならない基準は、
1休憩時間中の遊びなどによる怪我
2職場仲間とのけんかでの怪我
3天災地変による怪我
である。

が、認定はバターコーヒー 作り方 効果とは異なりケースバイケースでされることになっている。