タレントは消費される

「メディアに対する幻想をぶち壊しにするべく、
宅八郎が登場したことは先に言ったとおりです。
しかし、あなたが指摘しているように、タレントは『消費』されていきます。
僕自身が消費されてしまった部分は確かにあるでしょう。

ただし、僕は元タレントで今ライターというわけではなく、
先にライターとしてデビューして、一時期だけテレビに出ていたんですよね。
この辺、以前西村ひろゆき氏と対談した時に彼自身が誤解していましたが。
ひろゆきさんは
『宅八郎はオタクじゃないんじゃないか、偽オタクなんじゃないか』
とも思っていた面があったようで(悪意はなかったですよ)、いろいろ説明しました」

どのみち彼の芸風ではタレントとしての賞味期限も短かったように思う私は最近、
ナイトアイボーテ通販 値段 最安値のことをよく友人に質問しているのです。