民事の訴えを起こせるのは当事者のみ

「民事」の場合。
これは個人(私人)の間の争いをいい、貸した金を返してくれとか、
騒音がうるさいとかいった類のものだ。

この場合、訴えを起こすことができるのは、
争いの当事者(もしくは例外的に近親者)のみ。
利益に関わらない第三者が訴えを起こすことはできない。
もし、無関係なものが当事者のどちらか(たとえ加害者側であっても)に
「謝れ」「賠償しろ」などとしつこく迫ったような場合には、
むしろその行為について強要罪や恐喝罪が成立することがある。

最初に知っておきたいのは、「警察は忙しい」ということ。
良いか悪いかは別として、持ち込まれる事件の件数に対して、
警察官(捜査員)の人数は圧倒的に少ない。

もしも裁判を起こすことになったらよく調べて
評判の良い弁護士に依頼した方がよいと思う私は最近、
無料登録 オンラインエロゲの中毒性について知りたいと思っている。